社長挨拶

常盤化学工業株式会社 代表取締役  平澤民義 常盤化学工業株式会社 代表取締役  平澤民義
ごあいさつ

私ども常盤化学工業株式会社は、診断試薬原料の製造、臨床検査業務の受託、
環境汚染測定試薬「エコロジーナ®」シリーズをはじめとする研究用試薬の提供などを通じ、
社会への大きな役割を果たしながら今日まで歩んでまいりました。
昭和56年2月、研究用試薬の開発を目的に僅か3人でスタートした当社は、
昭和58年4月、常盤特殊分析センターを併設して受託検査業務を開始。
さらに昭和61年には、医薬品製造業者として認可されました。
おかげさまで現在では、子会社含め総員60名の規模へと成長いたしました。
また、高齢者向け多機能賃貸マンション「北のユートピア寿泉」により、地域の福祉関連事業へも力を注いでおります。
地域社会への貢献から、世界に通じる技術の創出へと、大きな目標を持って、これからも私たちは日々の努力を重ねてまいります。

会社概要

社         名 常盤化学工業株式会社(TOKIWA CHEMICAL INDUSTRIES CO.,LTD.)
設         立 昭和56年2月1日
資   本   金 4,000万円
代   表   者 代表取締役 平澤民義
社   員   数 43名(平成26年4月現在)
所   在   地 東京本社(医薬品製造認定工場 許可番号 13AZ001164)
常盤特殊分析センター(衛生検査所登録衛医医登130号)
〒170-0012 東京都豊島区上池袋4-16-22
電話 (03)3940-7768(代表) FAX (03)3940-7689

北海道工場
〒099-0102 北海道紋別郡遠軽町旧白滝378
電話 (0158)49-6056(代表) FAX (0158)49-6057
取 引 銀 行 三井住友銀行 池袋支店
日本政策金融公庫 池袋支店
巣鴨信用金庫 板橋駅前支店

沿革

昭和 56 年  2 月 体外診断薬の開発・製造を目的として、東京都北区滝野川7丁目に資本金300万円で設立。
研究用試薬として、ASO-HAトキワ法、AFP-HAトキワ法、風疹診断薬の製造を開始する。
昭和 58 年  4 月 常盤特殊分析センター(衛生検査所登録衛医医登130号)を併設。
臨床検査業務を開始すると同時に、株式会社三菱化学ビーシーエル*と業務委託契約を結ぶ。
社団法人日本衛生検査所協会加入。
昭和 59 年 10 月 本社を東京都豊島区上池袋4-16-22に移転。
同    年   11   月 資本金を1,000万円に増資。
昭和 61 年  8 月 上記、研究用試薬が医薬品となり、医薬品製造業許可証の交付を受ける。
(許可番号 13AZOO1164>
同    年   12   月 体外診断用医薬品原料の開発・製造を開始する。
日本臨床検査薬協会加入
昭和 62 年  1 月 越谷工場を新設。TP抗原の製造を開始する。
昭和 63 年  3 月 越谷工場を閉鎖する。
昭和 63 年 10 月 資本金を2,000万円に増資する。
同    年   11   月 北海道企業誘致に基き、北海道工場及び2,000羽収容兎舎を新設。
各種免疫血清および感染症TP抗原/抗体の製造を拡大する。
平成  2 年  2 月 株式会社三菱化学ビーシーエル*の治験事業本部と新たに業務委託契約を結び、事業を拡大する。
平成  2 年  3 月 新たにウサギ5,000羽収容兎舎を増設し、飼育繁殖を開始する。
同    年   7   月 資本金を4,000万円に増資する。
平成 12 年  4 月 プロレニン(血管障害マーカー)測定試薬の国際特許12ヶ国を取得する。
平成 13 年 11 月 子会社、寿泉有限会社を設立。
平成 16 年 10 月 常盤特殊分析センター、ISO9001認証取得。
平成 19 年 10 月 高齢者向け多機能マンション「北のユートピア寿泉」を北海道滝川市にオープン。
* 現在、株式会社LSIメディエンス

アクセスマップ

常盤化学工業株式会社アクセスマップ

太陽光発電事業

太陽光発電事業
再生可能エネルギーに取り組んでいます。所在地:北海道紋別郡遠軽町旧白滝
発電規模:150.0 kW
太陽光パネル枚数:約800 枚

寿泉

寿泉
http://www.jusen.com/